ゴーゴー宇宙:振り返り編

正直あんまり良くなかった
振り返りというか反省会です

作成時間:3時間x二日

<よかったこと>
・やりたい方向性は悪くなかった
・宇宙服のヘルメットのガラス部分の色彩はよかったと思う

<よくなかったとこ>
・まず「水着」「宇宙服」「壁の落書き」で要素が中途半端な数あって画面力が無駄に散っている。今回「宇宙服」と「壁の落書き」はメッセージの方向性を確定する要素だったので2つとも入れると絵をどう見ていいかわかりづらい。増やすならもっとどさどさ増やして画面全体に視線を持っていくようにしないとダメだった

・体のバランスを取ろうとして見た目の良さを完全に損ねている。硬い。結果的に水着のエロスも死んでいるので悪手。というか構図が良くなかった。水着でやるならもっとバストアップで宇宙服と胸にメインにするべきだった。体描いていないとか見る人は気にしてないのに悪癖。

・かけるコスト(時間)あたりの効率が悪すぎた。主に前述のバランスを調整することにかまけすぎ。「反転してバランスを取る」というイラスト指南本の妄言を意識しすぎ。絵を魅力的にするという主目的を見失っている。時間をかければかけるほど、手をかけたものだという日本人の残業根性みたいなものが出るのでそもそも目的なく時間をかけるのは無意味。「こんなに時間かけたのに伸びない…」というのは愚か中の愚かなのでやめたほうがいい。書く前にもっとコンセプトや見せたい部分を固めて、短時間で書き上げるべき。

・画像のサイズにあたりキャラが小さく、顔を書き込めてないので魅力的な顔をしてない。この構図で仮に書くならもっとサイズが必要。

<総評>
よく自分自身でやるよくないところが全面に出ている。もっと的確にイメージ、コンセプトを固めて取り組んでいく癖をつけなければならない。


…同じ題材でリベンジしよう