絵を辞め方

絵を辞めたい時、ありますよね
ちなみに私は常に辞めたいと思ってます
絵は好きですが可能なら辞めたいです

タイトルでこうしたら辞められるみたいに書いてますが順調に私が辞められてません
言ってしまうとそこは主題ではないんで大丈夫です!
私は大丈夫じゃないかもしれませんが!

結論から言うと「自分の欲望をちゃんと捉えるとちょっと楽になるよ」と言う話になります

もう少し具体的に言うと「絵を描くのを何故辞めたいかを把握する」ですね、今回の場合

私を例にしてあげると理由は一つ
「苦労して描いてもそれに見合った快楽を得られない」

時間と成果が釣り合わないんですね
200円かけて作ったものを100円で売るようなもんです、バカ会計ですね

ハイでは次
何故釣り合わないのか
原価が高いのか?市場価値が低いのか?営業の仕方が悪いのか?
どれもありうるわけですね

私の場合は営業がとにかく嫌だったんですね
営業を自分の作品の成果に捉えられないんですよ
あと嘘もおべっかもつけませんし…
なのでいっそツイッタを主からブログに変更した訳です
これで大分やる気が戻ってきました

屋台村が主流の業態の場所で、本店を持った上で出店に小売の無人販売を出すイメージです
ツイッタの人間コミュニケーションはできませんが、広告能力はなるべく失わないようにという布陣ですね

とりあえずこれで少しはやる気が戻った訳です、私の場合は

今ツイッタは最早ドラゴンボールみたいなインフレが起きまくっていて、悟空とベジータが徒党を組んでいたりするのでヤムチャがサイヤ人に勝つにはもう奇手を打つか
そもそも戦わないのが良いかと思います

根性論が悪いとは言いませんが、根性論を語る人間は「根性論が向いていた人間」でしかないです
せっかく絵をやりたいなら、嫌なこと全部辞めてしまって良いと思います
今はツールが各種揃ってますし、楽して楽しみましょう
頑張るのはどうしようもないところだけで充分

あ、ちなみに本気で「絵を辞めたい」方
このタイトルを読んでここまで読んでしまった時点でもう辞める素質はないので諦めた方が良いです
人間そう簡単に辞められません
私も「こんだけ苦しむなら辞めて普通に暮らした方が幸せ…」と頭でわかっていても辞められません

だって作品作るのはやっぱり楽しいですから
楽にいきましょう